〒731-0232 広島県広島市安佐北区亀山南5丁目18−6

082-815-3568

  • 株式会社 きよかわ Facebook
  • 株式会社 きよかわ Instagram

メニューを開く

メガメニュー を閉じる

〒731-0232
広島県広島市安佐北区亀山南5丁目18−6

  • 株式会社 きよかわ Facebook
  • 株式会社 きよかわ Instagram

スタッフブログ

2022/04/13

断熱等性能等級 6 ・ 7 新設

断熱等性能等級6・7新設

(清川 創史)

3月25日に国交省と消費者庁が品質確保の促進等に関する法律(品確法)に基づく日本住宅性能表示基準の一部改正を告示しました。

これまでの断熱の最高等級は4(広島市の大部分が含まれる6地域ではUA値0.87)でしたが、この4月1日からその上を行く断熱等性能等級5(UA値0.6=ZEH水準)が施行されています。

そのさらに上の基準として断熱等性能等級6(UA値0.46=HEAT20のG2水準)と断熱等性能等級7(UA値0.26=HEAT20のG3水準)が10月1日より施行されます。

とは言っても、これは義務化基準でも何でもなく、ただの指標に過ぎないわけですが、住宅業界にとっては間違いなく前進です。

2020年に義務化!と進んできて、2025年までとりあえず延期された断熱性能の義務化ですが、先月まで最高等級だった断熱等性能等級4を義務化と言っていたわけで、最高等級を義務化?というより、【義務化=最低基準】が最高等級?というレベルの低い性能水準しかなかったわけですから、上位等級の新設により、住宅業界の意識も上がっていくんじゃないかと思います。

株式会社きよかわではプランにもよりますが、UA値0.4前後でのご提案をしています。新設される断熱等性能等級の6を超える性能です。

これ以上を目指すとなると、何年住むか、何に優先順位をつけるか、この辺りも考慮していかないとコスパが悪くなってしまいます。

ただ広島市は6地域に分類されますが、特に安佐北区は雪もちゃんと降るし、結構寒い。なので、もうちょっと、UA値で0.35くらいを目指して行きたいなと思っているところです。断熱等性能等級6.5くらい(そんな小数点刻みの等級は無いですが)ですね。

もちろん、断熱等性能等級7を目指したい!というお客様がいらっしゃいましたら、とことん一緒に目指しますよ。かくいう私も今、断熱等性能等級7を目指して自宅の計画が進んでいます。

もちろん性能性能ばかり言うのではなく、心地よさ、暮らしの充実度も大事にしながらですが。

今後自宅の話も少しずつしていきたいと思います。

CONTACT

CONTACT

きよかわへのお問い合わせ、ここから。​

ホームページを見て…」とお電話いただけるとスムーズです。​

tel:082-815-3568

ページの先頭へ戻る